コピー機の歴史紐解き

menu

コピー機誕生の歴史

今は当たり前のようにあるコピー機ですが、実は波乱の歴史があったことをご存知でしたでしょうか。
身近にあり過ぎて中々気づかないものではあるものの、歴史を知るとコピー機に対する思いが深まるかもしれません。

0004

何かを写し取って物を伝えるということに関しては、人間が二足歩行を始めてから既に存在していました。
2万年前〜3万年前には洞窟の壁画や動物の骨に情報が記されており、正にコピーの”原点”と言っても過言ではないでしょう。
当然当時は写真というものはなく、人々は自分たちが見たこと・聞いたことを”コピー”して書き記して来たのです。

そして時は遡り18世紀頃、イギリスの著名な発明家によってコピー機が誕生しました。
コピー機が誕生する前は手書きで複写をしていたか、複数のペンが連結した機械を使っていました。
当然これらの方法では時間がかかり、効率もかなり悪いです。
そこで発明家はインクが染み込みやすい紙に別の紙を重ねて圧力を加え、転写する方法を生み出したのです。
この方法は約300年近くも採用されることになりました。

しかし実用化となれば話は別で、イギリス人発明家が生み出したコピー機だけではどうしようもありません。
何度も改良を重ね、世界的にも有能なエンジニア達の試行錯誤もあり、実用的なコピー機が登場したのは19世紀になってからのことでした。
原理は先ほど紹介したイギリス人発明家が生み出したコピー機とほとんど同じですが、綺麗に尚且つ確実にコピーが出来ると大評判となったのです。

現在のように自動的に何枚もコピーが気軽に出来るようになったのは、20世紀に入ってからになります。
この頃になると、FAXや電話の機能が付いた複合機も登場しました。
複合機が登場した当初はとても高額なもので、簡単に手に入るようなものではなかったのです。
取り入れていた所は、単純なコピー機でもリース料の価格は高額でごく一部の企業のみしか入れれませんでした。

でも今は機能も向上し価格も安価で手に入るようになり、「一家に一台」になるまでに普及していったのです。
現在ではレンタルやリースで複合機やコピー機を導入する企業も多くビジネスにかかせないアイテムとなっています。

新着情報

ホームページを作った後のSEO【複合機事業が経営できる訳】

目次

①新規ドメインは1年間様子見
②サイトに含めるべきキーワード
③ブログを書く
④SEO業者に依頼するな!

 

 

 

①新規ドメインは1年間様子見

 

外部リンク

コピー機の格安リースなら株式会社じむやへ

 

複合機の他にもWEBサイトの作成も行っているので、ホームページの事についてまた書いていこうと思います。

 

結局ホームページを作成して貰うだけでは、器の部分が完成しただけで、中身がまだありません。

 

一昔前なら被リンク(他のサイトから自分のサイトにリンクしてもらう)を集めるだけで楽々上位表示できましたが、現在ではサイトの中身を充実させる事も必要です。

 

Googleもこれからは中身を重視していくと言っています。
そこで、今回はホームページを作った後に必要な事や心構えを書いていきます。

 

皆さんがHPを立ち上げた時に、絶対に頭に入れておかなきゃならない事があります。

 

それは「エイジングフィルター」という言葉です。

 

Googleはホームページを開設してから最低3ヶ月のサイトは上位に表示させる事をしません

 

これは全く更新しないサイトやユーザーにとって、為にならないサイトを排除する為です。
要するに、業歴の浅い会社と同じで信用がないのですね。

 

この上位表示出来ない期間をエイジングフィルターと呼ぶのですが、これを知らないとサイトを立ち上げて「頑張るぞ!」とやる気に満ち溢れていても、上位に表示されないのでやる気が削がれます。

 

そして、
WEBサイトで集客はむずかしい
WEB屋に騙された!
SEOにはお金がかかる!
となるのです。

 

巷ではエイジングフィルターなんてない!と言っている方もいますが、Googleもその様な現象はあると認めています。

 

 

 

②サイトに含めるべきキーワード

 

集客する上で最も大切な事がキーワードを散りばめる事です。

 

株式会社じむやのTOPページにも色々キーワードが入っていますが、最低限「業種+地域+安い(格安・最安・激安)」は入れるべきです。

 

業種や地域は皆さん当たり前に入れると思いますが、「安」という文字はネット上では魔法の言葉で、検索数が多くコンバージョン率(お問い合わせ率)が高いのです。

 

まずネットで何かしらを依頼するという方は、どんな物や事でも低価格というのが絶対条件になります。

 

 

そこから信頼出来るかどうかに繋がっていくので、高ければまずお問い合わせはこないでしょう。

 

「うちのところはそんなに安く出せない!」という企業さんもいるかと思います。
その場合はメインの部分の利益を削ってその他のところであげましょう。

 

例えば、
「安いからお問い合わせが来て受注する」→「信頼出来たから他の事も頼む」→「紹介を頂く」

 

というループになり易いので、薄利多売が成立しやすいのです。
まあ 品質が悪くない事が条件になりますけどね。

 

特に効果を発揮するのが、ネットと関係なさそうな業種の方です。

 

 

 

③ブログを書く

 

これが一番大切な事です。
ただし、こればブログというよりも情報コンテンツとして書いていきましょう。

 

ブログと聞くと、今日あった事や料理の事を書きがちですが、そうではなく「自分の業種の為になる知識」を書きます。

 

どうでもいい情報は滞在率を下げサイトの評価を落とします。

 

複合機の事だったら「悪徳な会社の特徴」「メーカーの評判」等ですね。

 

その道の仕事に携わっている人間しか分からない裏情報がいいです。

 

基本的にネットでは「タダに近くなるほど利益が上がる」と言われていますので、自分の知っている知識を惜しみなく書く事が成功の近道です。

 

そうすれば、「被リンクもしてもらいやすくなり、さらにSEOが期待出来るのでアクセスも増え、結果お問い合わせが生まれる」という良い循環になるのです。

 

ちなみに、このサイトのアクセス数の9割はブログ記事からの流入です。

 

ただし、1ページ最低1000文字ぐらいは書いて下さい。

 

また、今のGoogleはコピーコンテンツを物凄く嫌うので、自分の言葉でオリジナルな文章にして下さい。

 

一度Googleからペナルティをもらったら、そのサイトは死んだも同然ですので気をつけましょう。

 

大体30ページぐらい書けたら企業サイトとしては、有名な部類に入ってきます。

 

 

 

④SEO業者に依頼するな!

 

よく成果がでないからSEO業者に依頼してしまう方がおられますが、これは全くの無駄ですのでやめましょう。

 

SEO業者の大半は外部リンクをつけて順位を上げるだけ等の業者が多いです。

 

ちゃんとGoogleのガイドラインに沿ってSEO対策をしている業者は、1割にも満たないと言われています。

 

冒頭でも書きましたが、Googleはこれから内部のコンテンツを重視すると発表していますので、結局サイトテーマに則った質の良いブログを書く事が最強のSEO対策となります。

 

電話で「SEOどうですか?」なんて営業する会社もありますが、そういう時は「御社のSEO対策の検索順位は何位ですか?」と言ったら黙ります。

 

仮にどうしても頼みたい場合は「SEO対策」というワードで1ページ目に来ている業者に頼みましょう。

 

今回はアナログでの営業がメインの企業さんをイメージして書きました。

 

私自身バリバリのテレアポ営業マンであり、ネット集客にも力を入れていますので、面白い見方の出来る人間ではないかなと自画自賛しています。

 

ホームページの作成も承っているので気になる方はお問い合わせ下さい。

 

ちなみにワードプレスは固定ページも自分で編集出来るので、ある程度は作成後でも作り変える事が可能です。

 

 

 

複合機の値段は?

複合機を実際に購入するとなると、平均300万円〜400万円は当たり前です。
もちろん中古や機種によって大きく変わりますが、決して安い買物であるとは言い切れません。
資金に余裕がある企業ならばまだしも、経費削減を謳っている所となると厳しいのが現実です。
複合機の値段は? の続きを読む

コピー機と複合機の違いは?

コピー機がコピーをする機械を指すのは、OA機器に疎い人でも流石に分かるかと思います。
しかしコピー機を指して、「これは複合機だ」とおっしゃっている方もいらっしゃいます。
2つともコピーをする機械であるにも関わらず名称が変わるのか、2つの”違い”について探っていきたいと思います。
コピー機と複合機の違いは? の続きを読む